NEWS

発表会にてイオンモール様、東京メトロ様にご登壇いただき、今後の展望を含めお話いただきました。

【対談者】
イオンモール株式会社 営業統括部 インバウンド推進 グループマネージャー 趙 明様
東京地下鉄株式会社 経営企画本部 企業価値創造部 課長 小泉 博様

【イオンモール株式会社】趙 様
お客様とスタッフそれぞれがiliを持ち、双方向で楽しくコミュケーションが取れました。

「イオンモール沖縄ライカム」で2度、実証実験を行いました。1度目はインフォメーションスタッフだけでiliを使い、2度目はお客様にもiliを持ってもらい双方向で実証実験を行いました。結果的には、お客様とスタッフの両者がiliを持つ「双方向」の方が楽しくコミュニケーションが取れたと感じました。

イオンモールは全国150モールを運営・管理しています。特に地方での出店が多いのですが、地方の魅力を海外のお客様に伝えきれていないところもあります。

今後はiliを活用し、お客様自身が自由に伝えたいことを伝えられると良いと思いました。

引き続き、お客様の欲しいもの・欲しい情報・欲しいサービスを提供していきたいです。」

【東京地下鉄 株式会社】小泉 様
「通信が不要」という点に可能性を感じました。

「ここ数年、海外からのお客様が非常に増えています。 現状は駅構内に旅客案内所を設け、英語・中国語に対応しており、 さらに駅員についても研修を行い、お客様と英語で対話できるよう 工夫しています。

iliについては通信が必要ないので場所を問わず使える点、スムーズなコミュニケーションができるという点で可能性を感じ、当社オープンイノベーションプログラムにおいて、ログバー様と協業を行っていくことが決定しました。

個人的にはシンプルな機能をワンアクションで使えるのが魅力的だと感じました。

今後、パイロット施策やテストマーケティングの実施に向けて、引き続きログバー様と協業を行っていきます。」

イオンモール株式会社 営業統括部 インバウンド推進 グループマネージャー 趙明様

東京地下鉄株式会社 経営企画本部 企業価値創造部 課長 小泉 博 様